ヘアカラーをやめて地毛になって感じたこと

ごきげんよう。姫です🌺

 

この記事にも書きましたが、私は10年以上もヘアカラーをしてきたのに、もう染めるのを辞めました。

【追記あり】ヘアカラーやめました。完全地毛になるまで明るく抜けた髪色を暗くする邪道な方法

2017年12月16日

最後にヘアカラーをしてから1年が過ぎ、今ではほぼ地毛の状態です。

厳密に言えば、カラーした毛が残っているとは思いますが、日光の下でも境目がほとんどわかりません。

 

そんな私の髪ですが、ヘアカラーを辞めて何が変わったのかを書いていきたいと思います。

 

美容院に行った日の夜にシャンプーできる

毎回ヘアカラーをしていた頃は、美容師さんに「今日はシャンプーしないでくださいね。」と言われていたわけではないのですが、カラーした日は家でシャンプーしないようにしていました。

美容院でカラー後にシャンプーしてもらっていたのもあるし、少しでも色持ちをよくしたくての自己判断でそうしていました。

シャンプーしたくてしょうがなかったけど、その日だけは我慢していたのです。

でも今は、美容院に行ってもカットだけなので、その夜は気兼ねなくシャンプーできるのですごく気持ちいいです!

 

カラー剤のにおいからの解放

カラー剤って独特のにおいがありますよね?

カラーしていた頃は、カラー後シャンプーしても、3日くらいはカラー剤のにおいがしていました。

別に、人から何か指摘されることはなかったのですが、気になってちょっと嫌でした。

今カラーしなくなったので、そんなにおいからも解放されました!

 

太眉がさらにいっそう似合わなくなった

元々私は太眉が似合いません。

それでも、髪の色が明るかった頃は太眉が流行ったこともあり、ちょっとだけ太めの眉にしていました。

髪の色が明るいのに合わせて眉を明るめに描いていたため、少し太目の眉でも違和感なく仕上がっていたからです。

ただ、結構な太さにしてしまうと違和感はすごくありました。

 

今、ほぼ地毛=ほぼ黒髪になって、さらに太眉が似合わなくなってしまいました。

今までやっていた「少し太目」でも、野暮ったく見えてしまいます。

どんな眉が合うか試行錯誤した結果、今は細目の眉で落ち着きました。

ちょっとでも太くなると、本当野暮ったくなります。

やっぱり私は、細目の眉の方が似合うなと再確認できました。

 

垢抜けるのが難しい

こういう表現で合っているのかわかりませんが、垢抜けるのが難しくなりました。

髪の毛が暗くなってしみじみ実感しました。

髪の毛が明るいことで、おしゃれ度というか垢抜け度が割り増しされてたんだな、と。

髪の毛が暗いと、かわいい服着ても、なんか光らないというか・・・。

カラー辞めて最初の頃、特にそう感じました。

たぶん、明るい髪の自分に慣れすぎて、暗い髪の自分が見慣れないことも原因だとは思います。

 

ですが、自然とメイクも暗い髪に合うようなメイクに変化していったからなのか、現在はあまり垢抜けなさを感じません。

特に私の場合は、眉が重要ポイントだったみたいです。

 

髪が伸びるのが早くなった気がする

カラーしていた頃は、美容院に行ってから2カ月は絶たないと、髪が伸びたことを実感しませんでした。

2カ月~2カ月半おきで美容院に行っていたのですが、

「あまり伸びた感じがしない。いや、ちょっと伸びてるかな!うん、伸びてる!」

なんて言い聞かせながら美容院に行くことがよくありました。

 

それが今は、カットしてから6週間ぐらいで「伸びたー!早く切りたいー!!」となります。

実際に測ったわけではないのですが、なんとなく髪が伸びるのが早くなった気がするのです。

 

髪色が抜けるのを気にしなくてよくなった

カラーしてた頃は、髪の伸びよりも髪の色の抜けが気になって「美容院行かなきゃ!」となっていました。

色が明るく抜けすぎてしまうと、ちょっとだらしなく見えるので。上品さが欠けてしまうというか・・・。

間が空くと、明るさだけでなく根本も気になってきますし。

なので、忙しくてなかなか美容院に行けないと、明るくなってしまった髪が気になって仕方がありませんでした。

 

でも今は、髪の色の抜けや根本も気にしなくてよくなりました。

髪が伸びたかどうかだけ気にすればいいので、楽です。

 

美容院代が安くなり、美容院にかかる時間も短縮

今はカラーもトリートメントもしないので、美容院でのメニューはカットのみです。

1時間ちょっとあれば終わってしまいます。

私の行ってる美容院の場合、カット4,000円弱なのでお金もかからなくなりました。

美容院に行くのが、今までと比べてずっと気が楽です。

 

デメリットは、子どもの頃からある若白髪が目立つ

私は、子どもの頃から若白髪がある方でした。

それが減ることなく今まで来てしまいました。遺伝?ストレス??

今、ほぼ黒髪になったことで若白髪が以前よりわかりやすくなってしまいました。

明るい髪の時も白いのは目立っていましたが、今はもっと目立ってしまいます。

これが唯一のデメリットかなと思います。

ヘアカラートリートメントではうまく染まってくれないので、悩みどころです。

でも、気にしてもしょうがないので、白髪染めをせざるを得なくなるまでこのまま気にせずいこうと思います。

 

またヘアカラーしたくならないか?

ヘアカラーを辞める前は、「地毛にしたとしても、また染めたくなるんじゃないか?」と思っていたのですが、今のところそれは全くありません!

きっと、長年染めてきたからだと思います。

もしこれが、例えば「3回しかカラーしたことありません。」だったら、またカラーしたくなったと思います。

 

また、地毛がファッションやメイクと馴染んできたので、違和感もなくなり地毛のままで満足できるようになったからというのも大きいです。

・・・ただ、見慣れただけかもしれませんが。

 

まとめ:結局ヘアカラーしないってどうなの?

ヘアカラーを辞めて、総合的になんか楽になりました!

「今回はどんな色、どんな明るさにしよう?」と悩まなくていいからなのか、

髪色の抜けや髪の根本を気にしなくてよくなったからなのか、

美容院に行っても短時間で終わるからなのか、

コレ!という最大の理由は自分でもわかりませんが、

な~んか楽になりました!

 

ただ、私にとって若白髪が目立つことだけがデメリットです。

30代にもなると、若というより老化による白髪と見られてしまう可能性大なので(ノД`)・゜・。

でも、この地毛の楽さには勝てないので、地毛生活続けます!

 

The following two tabs change content below.

このブログの主ライター。 夜の仕事と白衣の仕事の経験を経てほぼ専業主婦に。 より賢く快適に暮らすための情報収集をよくしている。 シンプルライフを目指している。

キャッシュバックサービスでお得にお買い物

役に立ったと思ったらシェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの主ライター。 夜の仕事と白衣の仕事の経験を経てほぼ専業主婦に。 より賢く快適に暮らすための情報収集をよくしている。 シンプルライフを目指している。